准看護師は実は知事免許なのです

病院に行っても、見た目だけでは准看護師に該当する人はわかりません。
ただ保有免許として国家資格を持つのが看護師で、県知事免許を持つのが准看護師です。
また准看護師の場合は、必ず医師や看護師の指示で業務を行うことと、若干、給与水準が看護師より低いという特徴があります。
また現在、准看護師の人が将来、看護師になれないというわけではなく、実務経験を積みながら通信制や学校などで教育を受けてのちの試験に合格すれば看護師に昇格することは可能です。
とりわけ勉学に費やす時間がなく一刻も早く現場で働きたいという方は准看護師になる道を選んだ方が最短ですが、将来のスキルアップや給与などを考慮してちゅう躇する場合は、多少時間がかかっても看護師を直接目指すのも手です。
これからの時代は高齢化社会がますます進むと思われます。
いずれの資格でも、患者さんの立場を思いやることのできる人が一人でも多くその職に就いて欲しいと思います